妊婦の鉄分不足解消ガイド【妊鉄Life】

女性は男性よりも貧血になりやすいと言われています。どうしてかと言いますと、様々な原因のほかに、毎月起こる「生理」による出血があるからです。生理の時はなんだか体調が思わしくありませんし、個人差はあるにしても出血するわけですから、やはりクラクラしたり立ちくらみがしたりしますよね。また、女性の場合、過度なダイエットや食生活の乱れは後々妊娠にも大きく影響してきますので、鉄分不足には十分気を付けておきたいところ。

女性は妊娠するとお腹の赤ちゃんに栄養を送らなければならず、妊婦さんの体内では大量に血液が作られます。しかし、作り出される血液の量は増えても血中の赤血球の数はあまり増えません。更に、妊娠中はつわりや味覚の変化により満足に食事が出来ないことも多くみられます。こうしたことが原因で、妊婦さんには鉄欠乏性の貧血が多いのです。
しかも、自分が貧血だということに気が付かない妊婦さんも多く、こうした状況が続くと出産時の出血への対応が難しくなるだけではなく、お腹の中の赤ちゃんの発育にも影響を及ぼしてしまいますから、きちんとした対処が必要になってくるのです。

たかが貧血と軽く考えてはいけません。特に妊娠中は様々なトラブルを起こしやすく、妊婦さんの体はとてもデリケートになっていますので、何かおかしいな、と気づいたら早い段階で受診してみることをおすすめします。

また、妊娠中の貧血時の主な症状として、様々なことが上げられますので頭に入れておくといいかもしれませんね。例として挙げると、体温調節がしにくい、体がだるい、倦怠感、めまいや頭痛、舌炎などがあります。これらは普段からよく起こりやすいことではありますが、こうした異変には早め早めに対処することが望ましいでしょう。

妊娠中の体は、そうでない時とはいろいろな面で状況が違うわけですから、小さな異変や疑問をそのままにせず、まさに「石橋を叩いて渡る」ような意識でいる方がより安心できるのではないでしょうか。

 

妊婦さんが気を付けるべき鉄分不足。その解消方法は?

妊娠すると、その多くの妊婦さんに鉄分不足が見られるようになります。なぜかと言いますと、妊娠するとお腹の中の赤ちゃんに血液や栄養分を運ばなければならない為、普段よりも大量に血液を作り出さなければならないからです。妊婦さんは他のトラブル可能性が高まりますので十分気をつけて生活しなければなりません。その中で貧血の解消も重要なポイントのひとつであり、その解消方法を理解しておくことが望まれます。

では、具体的に貧血改善にはどのような方法があるでしょうか。貧血だと診断された場合、妊娠中でも内服可能な薬を処方されることがありますが、それだけではなく、やはり食生活に気を付ける必要があるでしょう。鉄分は体に吸収されにくいという性質を持っていますので、ビタミンCと一緒に摂取することでその吸収を助けてくれるでしょう。
鉄分が多く含まれる食べ物として、例えば牛肉、魚類、ほうれん草などの緑黄色野菜などがあります。ビタミンCを多く含む食べ物は、ブロッコリーや小松菜などですね。そうした食べ物を意識的にたくさん摂取することが良いでしょう。

他にも妊婦さんに必要な栄養素はたくさんあり、ビタミンB12や葉酸も積極的に体に取り入れていきたいところ。葉酸は赤ちゃんの発育促進にもなりますので、レバー、アスパラガス、モロヘイヤなどの食べ物をたくさん摂るようにしましょう。

反対に、控えなければならない食べ物もあります。コーヒーや紅茶に含まれるとされているタンニンという成分は鉄を不溶化し、吸収を妨げてしまいますのであまり摂取しないことが望まれます。

とは言いましても、なによりストレスを抱えてしまうことが妊婦さんにはあまり好ましくありませんし、お腹の赤ちゃんにも悪影響を与えてしまいますので、我慢のし過ぎや頑張りすぎはいけません。貧血の疑いがあるようならまずはお医者さんに相談し、正しい対処法を指導してもらいましょう。その上で必要な食品を多く心がけたり、控えるべき食べ物を少し減らしたり、自分にできる範囲での食生活の改善から始めてもいいのではないでしょうか。

参考サイト情報

【鉄分不足】は鉄分サプリで対策を!諸症状と解消方法について
http://www.en-os.com/

 

鉄分不足対策まとめ完全ガイド!鉄分不足によっておこる諸症状と解消方法をはじめ、鉄分不足対策にいま一番注目されている「鉄分サプリ」についてもまとめてお伝えしています。日々の鉄分不足の諸症状にお悩みの方は、ぜひ一度ご覧になられてみてくださいね。