生理中になんだか眠いと感じることはありませんか?

女性の体はとてもデリケートで神秘に満ちています。新しい命を宿し、いわゆる十月十日もの長い期間その身で育むのですから、とても複雑に出来ているのでしょう。不思議に感じる事柄も多くあるのではないでしょうか。その不思議のひとつとして、「生理中の眠気」という謎が挙げられます。なんだか生理が始まると寝ても寝ても眠気がとれない、しょっちゅう居眠りをしてしまう・・・そんな経験はありませんか?実はこの「生理中の眠気」、気のせいでもなんでもなく、れっきとした症状のひとつなのです。生理中に眠くなるそのメカニズムについて知っておくことで、様々な場面でスムーズに対処することが出来るようになるでしょう。

まず、この生理中の眠気の名称ですが、「月経関連過眠症」といいます。人によって起こる期間や程度は様々ですが、女性の多くがこの月経関連過眠症の症状を感じるとされています。

では、どうして生理中にこのような症状が起こるのでしょうか。これは、体内のホルモンが関係しているのです。女性ホルモンにはプロゲステロンと、エストロゲンという物質があるのですが、生理中はこのプロゲステロンが大きな影響を及ぼすことで眠気が引き起こされるとされています。その他にも、貧血との関連性も考えられており、貧血の女性はこの月経関連過眠症を引き起こしやすいとされているのです。
貧血の女性はその分ホルモンのバランスを崩しやすいとも言えるでしょう。

このことから、いかに女性にとって貧血という症状が様々な影響をもたらすかがうかがえるのではないでしょうか。男性と比べても女性は生理の出血も含めて貧血になりやすいとされていますし、貧血により鉄分が不足すると日常生活にも支障を来します。たかが貧血とあなどることは、いずれ様々な不調や疾患を引き起こす原因ともなり得ますので、早めにきちんとした対応をとっていく必要があるのです。
なんだか最近体がだるい、重い、そんな時は貧血を疑ってみるのもいいかもしれません。

 

生理中になりやすい鉄分不足の理由について

生理中は鉄分不足に陥りやすく、女性の多くがそれによって体の不調を感じたり、精神的にもイライラしたりと好ましくない状況が見られます。生理中の鉄分不足の理由として、やはり「生理の出血」が大きいと考えられます。その量や期間は個人差があり、2~3日でパッと終わる人もいれば1週間ダラダラとした出血が続く人もいます。いずれにしても毎月そうした形で血液が失われるのですから、普段の生活や食事を見直し、いかに自分が生理中でも快適に過ごせるかという視点で考えてみる必要があるのではないでしょうか。

ちなみに、昔の女性は生理の出血を自分自身でコントロールすることが出来たと言われています。確かに昔はナプキンなど存在していないわけですから、どうやって生理中は対応していたのか、興味深いことですよね。
昔の女性の生理は自分自身で調整することが出来、その期間も短期間で済んでいたというのです。いわゆる、「子宮の力」「膣の力」が現代の女性よりも優れていたとも考えられているのです。排泄の際に意識的に血液も排出していたとされており、それ以外の時は出血しないように意識的にコントロールできたというのです。現代人はナプキンのおかげでいつ出血しても安心という面では非常に便利ではありますが、ナプキンを使うことで緊張感がなくなり、結果子宮や膣の力も弱まってしまったのかもしれません。そうした面を懸念する声も少なくなく、最近は「布ナプキン」を愛用する人も増えている様子。布ナプキンを使うようになって生理痛が軽減した、出血が少なく、期間も短く済むようになった、サラサラとしたきれいな血が出るようになったなど、様々な効果があるようです。

食事の面で規則正しく栄養のバランスのとれた食事を摂ること、そして、生理用品を見直すということも重要なポイントなのかもしれません。生理中の貧血やその他のトラブルから解消されることは、かなりのストレス軽減にも繋がりそうですし、一度ご自分の生理についてしっかり考えてみることもいいのではないでしょうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です